ゆざえのDiery'sぶろぐ

想像の森。 表現の駅。 幻想の家。

師匠の夢

真夜中に目ェ醒めたんですわ。それで、あっ。と想たんです。
せや、京都の爪切ったらな。

で、起きて、京都ー、京都ー、っつって呼んであいつ探したんです。
そしたらそこにおって、「なに?」みたいな顔で俺のこと見上げてたんですよね。
なんや京都、そこにおったんかいな、ほなさっそくちゅて、京都、膝に載せて爪切っとったんですわ。
すると、こんな真夜中に、まさかの、電話が鳴りよった。
びっくぅ、しましてね、え?え?なに?なに?なに?なんでこんな時間に?って不安が極限に達した瞬間に、俺は受話器を取った。
「はい、町田です。」
すると向こうから、なんや吃驚したような声でこう聞こえた。
「あっ、町田さんですか!ぼく、京都の〇〇〇〇っていうライヴハウス、町田さんも来てくださったことのありますそこに努めてるスタッフの者なのですが…いやほんまに申し訳ないです、こんな時間に。実はぁ、あの、あっ、やっぱ、いいですわ、ははは、ほんますんません。ほな…」
ゆうて電話切ろうとしたんですよ、相手、それで慌てて俺は「いやいやいやいや、なんやねん、言いかけて、気色悪いなあんた。言いかけたことはちゃんと最後まで責任持って命懸けてゆうてくださいよ。気色悪いにも程があるからね。」ってゆうたんです。
すると彼奴、電話の向こうでへこへこ頭下げながらってまあ見えてるわけやなかったけろも、そんな感じでこないゆうたんですわ。
「ほんまにすんません。ほんまにすんません町田さん…。実はそのあの、さっき、ついさっき起きたことなんですけれども…」
俺はコードレス電話機を耳に当てて階段を下りながら一階のキッチンで茶ァ沸かしたろ想いながら言った。
「うん、それで?何が起きたん?」
相手はちょっとまァ置いた後に、ごくんと生唾飲み込んで答えた。
「はい、それがぁ…実は、さっきまで、町田さんの歌い声がこのライヴハウス内に響き渡っていたんですよ。それはほんま、その場所から聴こえて来たんです。観客の見つめるそのステージ上からです。それで、ぼくらはもうすぐにわかったんですよ。あっ、この声と歌い方は、町田町蔵やん!!!彼以外に、到底おらんということみんな知ってたんです。みんなすぐにそれに気づいた。それで観客たちと一緒に、”来てるんや!ここに町蔵、今来てるんや!”って叫んで騒いどったんです。みんなで感涙しながらそれを聴いていた。でも、ふと、気づくと、もうなんも聴こえなかったんです。それで、みんなでアンコール!って叫びながら町蔵の声を待って居た。でもいなかった。もう此処に町蔵いないんや。そう思て、泣いてたんです、ぼくら。それで、ほんまに、町蔵だったのならば、町蔵が知らんはずはないと、そう思たんです。それで、震える気持ちで、お電話致したという次第でござるのでございます。」
俺は、薄暗いキッチンに独り立って緑茶を煎じながら、それを聴いていた。
俺は、ぷるぷる、していた。気持ちと身体が、共鳴してぷるぷると小刻みに震えながら、「なんや、それ、なんや、それ、なんかそれって、凄いやんけ。」と我が脳髄の真ん中で叫んでいた。
で、ふと我に返り、俺は素朴な疑問を電話の向こうにいる相手に投げかけた。
「いやなんで観客たちがこんな時間におるのん?」
すると、その瞬間、“ガチャっ”っつって電話が切れた。
おいーおいーおいーなんなんだよ、なんなんだよ、気色悪いことこの上ない感じやなこれ、また掛かってくる?掛かってはこない?どっちやろう。とにかく掛かってくるのを待とう。
そう想て俺は茶ァを吞みながら、また二階へ行って、京都とじゃれ合いながら電話を待った。
しかし、うんともすんとも、雲とも臼とも、電話はその後、云わなかった。
俺は全身がぞわぞわするなかにも、同時に感動しているということに、寒気のなかにときめいていた。
それで気づけばぽそっと俺の口からこう漏れた。
「そんなことって、あるのね。あるのだわ。きっとそうよ。此の世ではそんなことがときにあるのだわ。起こり得るのよね。けつして、可笑しいことやないんやわ。」
それでおもろいのは、実際に京都というこの猫の爪を切っていた間に、それが京都のライヴハウスで起こったということだった。
これは関係があると考えても良いであろう。そう想わんかえ、なあ京都。俺はそう京都に向かって言った。
するとあれ?と俺は想いだした。そういや、俺、“京都”なんていう猫、知らんで、そんな名前の猫を俺は飼ったことがないぞ。一体、これは、どういうことなんだ。どーいうことなのだ。
俺は、京都を見た。見つめようとした。だが、そこに、京都はいなかった。
何がいたか?ただそこには、赤いカーペットが、あるばかりだった。
とどのつまり、京都という猫は、最初からいなかった。なのに俺は、何故か京都という名の猫を飼っていると信じており、その信念のもとに、彼の爪を切っていたのだ。つい先だってのことだ。
しかし、本来、俺はそんな猫は知らんのだ。では何処から京都という猫は遣ってきたのだ?
というか、この世界は、現実なのだろうか?何か知らないが、俺はこないな家に住んでいたことはあっただろうか?っていうか、俺はどんな家に住んでたっけ?
そうだ、想いだしたぞ。此処は、夢の世界なんだ。それは俺ではなく、俺以外のだれかが、何者かが見ている夢の世なんだ。
そしてその夢を今見ているのは、俺の何度か会ったことのある女だ。
そうだ、彼女だ。俺を「たったひとりの生涯の師匠」と崇める、あのいと風変わりな女。
彼女だ、彼女が、まったく可笑しな俺の夢を、今、見ていて、俺はもう目覚めてるというのに、彼女は目覚めようとはしないのだ。
ということは、俺はまだ、彼女の夢のなかに拘束される形で存在しなければならないのか?
いや、そんなことは可笑しいだろう。
というか、それ以前に俺は俺なのだろうか?彼女の夢のなかに今いる俺は本当の俺なのだろうか?
本当の俺とはなんだろうか?本当の俺とはたったひとりだけSONZAIsiteirunodarouka。
ってなんで急にローマ字になったのだろうか?やはり本当の俺やないからなのか?本当の俺やった場合、急にローマ字で語る俺になったりするのたろうか。
それで実のところ、これは彼女が夢と現の間に空想していた物語だったというわけなのだと、俺は今、想っている。
つまり微妙なその中間にある世界であって、何が起きるか、自由なのだ。
それは彼女の操る上での自由だと言えるか?
俺は自由なのだ。
何故そう言えるのかというと、彼女がそれを願っていることを俺はわかっているからなのだ。
此処は確かに彼女の夢(空想)の世界だが、俺は此の世界で真に自由な存在として存在している。
何故そう想えるのかというと、俺がそれを願っていることを彼女は知っているからなのだ。
だからもう、良いではないか。
それはつまり、俺だって彼女を操れるということなのだ。
俺は今、こうして彼女を操り、この物語を書かせているのだから。



















町田町蔵+北澤組 - パワートゥーザピープル


























夜間日照 —Nocturnal luminous intensity—

彼は初めて彼女を見て、想った。
こいつは悪霊に愛されちまってるんだな。いや、それは死霊、いや、“死神”と呼ぶに相応しいもんだが、それをこいつは自分を最も愛して、自分の最も愛する母親のように愛されていることを確信して自分もそれを愛してるんだな。
男は密売のウイスキーを買う為に並んでいる男たちに売るのを今夜は中断し、女のあとをこっそりと着けた。
夜が重なり合ったところにできる影は夜ほどには暗くなく、その境界線で隔てられた小さな天井の空間に草の先から滴る水が自分の居場所を我先につかまえようとして楽し気にその身体を滑り込ませようとしている森のなかを、月光の明りだけを頼りに男は心地良い酔いに宥められながら闇に溶け込む者として存在している女の後姿を追った。
女は、男が自分のあとを着けていることに気づいていたが決して振り返りはしなかった。
彼女は、自分の小屋について、そしてそこで男を気前良く迎え入れ、男の求める“何か”と引き換えに、葡萄酒を自分に売ってくれないかと、交渉しようと考えていたのだ。
女はウイスキーはあまり良い気分で酔えたことがなく、どうしても葡萄酒でなければならなかったからだった。
男はまさか、女がそんな内情を持って自分を切実に求めていることなど想像することもできなかった。
彼はただ、彼女を犯して“自分”こそが、そうなのだと示してやりたかったのだ。
そしてそれでもわからない愚かな女だったら殴りつけて言い聴かせつづけてやろうと考えた。
何故ならおまえは、俺から生まれたも同然なんだ。俺があの場所で酒を密売していておまえがそれを求めて買いに来た。おまえはまったく存在するどんな亡霊よりも亡霊として生きてきて、それを喜びとして生きていることを隠さないでいるその顔、その両の真ん円な黒い目で俺を見つめ、俺に請うて、そして女の最も哀れな部分を濡らしていることを俺に噎せ返るようなおまえから発せられる何かによって訴えて来たんだからな。
彼女は彼が自分に求めているものを必ず与えられることを信じていたので男を決して振り返らなかった。
それは早い段階で男を満足させられるに違いないと想った。
あたかもそれは同じ季節のなかでさえ決して同じ方法と同じ音で音を奏でることができない微妙で複雑な虫たちの音の違いを聴き分けているかのように、女は確信に満ちていたのだった。
男は女の肉体があたたかくもあり、なまぬるい赤みがかった白く緩い粘土と化す瞬間を想像して欲情し、歩きながら煙草に火を点けた。
“本当の処”で女が何物であるかを、俺は証明できるんだからな。
彼が四歳の時に、母親が死んで、それから何年後かに彼は森で捕まえた一匹の小さな動物を殺したあとにそれを火で焼いて葬った。
その強烈な臭いを嗅ぎながら彼は想った。
女(母)が夜を拒んでるみたいだな。
何故か彼にもわからなかったが、女(母)が夜を受け容れていたならば、こんな臭いが焼いた死体のその脂肪や肉から発せられるとは想えなかったのだ。
何かが残されていたならば彼はそこから何かを感じたのだろうが、彼の知る限りは、そこに何かが残されているものとして何かがあることを知ることができなかった。
そしてすべての女(母)が自分のなかで喪失しつづけていることの事実を、彼は受け容れることなんてできなかった。
彼のなかで、夜はときに陽だまりのような斑模様をつくりだしてそれがずっと揺れ動きつづけながら自分に向かって何かの言葉を発しようとしているように感じた。
今もそれを感じかけていたが、彼女に対する激しい焦燥感はそれを邪魔してその代わり熱く黒い血の流れが、淫らな波の形状となって彼の膝の裏に巻いていたとぐろを伸ばして太腿の裏を這って来ているのを感じている。
女は彼が早く自分のなかに来て、痛みと呼ぶことすら恥ずかしい永久につづく鈍痛を残したあとに排泄物が喜びのうちに爽やかに下流へと流れて見えなくなるように立ち去ることを待っていた。
そしてその人間が絶対的に拭い去れない罪の甘美な褒美として、美しく透明な赤い液体が彼女の喉を焦らしながら焦がしてゆく瞬間を、うっとりしながら想った。
それは穢らわしくも、自分の生殖器の破れた器から注がれた何の関心も持てないもの、まったく何に於いても完全に無価値なものと同等のものであることを知りながら。
彼女が、最も求めているものとは、自分に観える最低限の遅い速度で、自分自身が観えなくなってゆくことだったのである。
彼女もまた、彼と同じく母親の記憶の一切を持っていなかった。
男は女が自分を待っていて、女も男が自分を待っていることを本質として知っていた。
自分が受け容れることのできる限界をとうに超えてしまっているものをしか、求めてなどいないのだと、互いに知らしめる必要もないのだと互いに隠し持つ仄かな淡い光をだれにたいしても隠されつづけてきた場所でまるで生命が何も意識することなく動きつづける鼓動のように、それは光ったり、光るのをやめたりしているかのようだった。
男はぎらぎらと照り付けてくる闇のなかにじっと自分に殺されるのを待っているかのようにしてそこにいたちいさな動物がどんなものに対しても自分は無敵であると信じながらそのちいさな牙を自分自身に対してだけ剥いて震えているのを知っていて、それもまた、こんな眩しい夜の存在を到底信じてもいないのだと想った。
それはこれ以上はもう研げないと想えるほど研いだ鎌(Sword)で草を刈ったあとにできたその草の切断面の鋭利さこそが危険で恐ろしいものであると信じることと同じだった。
男も女も、ただそれを受け容れ、許容し、信じたいなどということにまったく関心を持ってはいなかった。
“すべてが実は自分だけのものなのだ”と完全に覚りのなかに確信できることほど、馬鹿げたことなどないのだ。
男はこのわずか数十分後に、確かに凌辱せしめた女を見下ろしながらたっぷりと注がれた憐みと涙ぐんだ非常に人間深い情熱の眼差しでこう言うことを知っている。
「あのとき…洗礼者ヨハネは、救世主イエスを洗礼の水のなかで溺れさせてしまう選択だってできたんだ。何もない処から何もないものを取り出して、何もないおれたちに与えることだってできたんだぜ。まあおれたちが此処にいるのはおれたちがそれを選択したからなのだがな。」
そして“男のなか”で、女は涙を流し、恍惚さと口惜しさの入り交じった表情で男を見上げ、こう応える。
「わたし、すべてがなにもないということを知っているからこそすべてはすばらしいものとして存在しているような気持になれると想うの。」
男は、女に向かって微笑む。
その微笑みの理由を、この女だけが知っているのだと、男は想う。
女は、低く震え、子宮から発していると感じるほどに男にとって心地良い響きの声で自分の血が付いた白いレースのスカートの端を見つめながら言う。
「それで、どうかわたしに葡萄酒を売ってほしいの。」























Wraetlic - Dybbuk
































"The tragedy of mankind (our) that we haven't seen yet"

街角の暗闇は、彼と彼女を非存在と存在に分けようとは想っていなかっただろう。
薄い闇と薄い光が彼らの影を退屈そうに撫でるときでさえ、初夏の肌寒い夜気が彼らを哀しいばかりの過去から切り離そうとしているかのようだった。
彼は夜露に濡れそぼった墓碑のようにそこにじっと俯いて突っ立っていたが、やがて現れた彼女の匂いを嗅いで現実からまどろみの夢に目覚めるように目を開けた。
彼女は、酷く疲れている様子を隠すことなく、罅割れ、枯れた薔薇のような色の唇をうっすらと開いてかすれて震えた声を発した。
「いつから、此処で待ってたの?」
彼女は見上げ、彼の喉を見つめていた。青白い皮膚に透けて、そこにまるで小さな彼が胎児の様子で眠っているのを感じた。
彼は確かにあの夜、彼女に自分が告げたことを今初めて想いだしたかのように想いだした。
彼は激しく心のなかだけで狼狽え、恥辱のなかに言葉を喪ってただただ彼女に静かにその存在をみまもられていた。
彼女は、彼の元気に躍動する喉元を見つめたままつづけて言った。
「ごめんなさい。すこし遅れてしまったわね。ほんとうはもっと早く来ようと想ってたの。でも店の後片付けを任されてしまって、遅くなってしまったの。」
彼は彼女の口から発せられる闇の細い空洞に突き刺された白く光るちいさなアマナの花と茎のような可憐な破壊的音色がこのあともずっとつづけられるだろうと想い目を瞑ったまま耳をじっと澄ましていた。
だが、それ以上、何も聴こえてはこなかった。
彼はそっと目を開け、視線を落として右の黒い叢を見つめながら言った。
「多分…一時間とちょっと前くらいかな。」
彼女はほんのちいさく、まるで雀がげっぷするみたいな声で溜め息を吐いた。
そしてほんとうにさり気なく、生温く湿った風が纏わりつくように彼の左手に右手を絡ませて囁いた。
「…ねえ、ここはとっても暗くて、何かを…まるで待っているみたいだわ。ほかの、もう少しあかるい場所へ行きましょうよ。」
彼は圧倒され、なにひとつ自身を動かすことができなかった。
そのあいだ、彼の脳内では様々な色の輝きが点滅のあとに爆発し、歓喜の雄叫びを挙げながら全細胞たちが狂って幼稚で野蛮なダンスパーティーを始めていたが彼はそこへ参加することができなかった。
何故なら、この瞬間、彼は経験したことのない言い知れぬ悲しみに打ちひしがれていて涙を流していたからだった。
彼女は混乱のなか、硬直し項垂れている彼の手を引っ張ってすこし歩き、ちいさな街灯の下まで行ってそこで彼を見上げてぎょっとした。
背筋がぞっとするほどの不気味さで彼が彼女を見つめて薄笑いしていたからだった。
しかも彼の両の頬は濡れており、さっきまでひっそりと泣いていたことがわかったのだ。
彼女は、何を言ってやればいいのかわからず、何かを言う代わりに(それは大変、面倒であった為に)そっと彼を抱き締めた。
ちょうど彼の臍の上あたりに、背を丸めた彼女のちいさな頭が押さえつけられ、彼女もまた、よくわからない不安のなかに震えていた。
それで、そのまま何分が過ぎようとも彼はその状態のまま何も変わらなかったので彼女は痺れを切らしてとうとう顔を彼のあたたかい腹から引き剥がして、すこし痰の詰まった声で吐き捨てるように言った。
「ねえ、ここからすこし歩いたところにわたしの部屋があるの。そこへ行って、お酒でも飲みましょうよ。音楽でも聴きながら…。ここは暗くて、すこし肌寒いわ。」
彼は、いまだ打ちひしがれており、なにをどうするべきかわからなかった。
何故なら、すべてが彼のなかで初めての経験であり、彼はどうすれば彼女を喜ばせられるか、それは根源的な意味のなかで女性に対する正しい、まったく神に背きはしない行為として、どうすれば彼女の意に適うものとして自分の行動が許されたものとして、それを移すことができるのか、今、彼のなかで混沌としたその何本もの発情した雄と雌の蛇の群れが彼の全身を巻きつけて締めつけ、立っていることでさえ限界に来ていたからだった。
彼女は、酸いも甘いも噛んで味わって知り分けてきた40歳を超えた女であり、彼はまだ未経験の18歳の男だった。
人間の想像し得るすべてのあらゆる悲劇が、彼と彼女を襲うことは起きなかった。
だが彼と彼女は、いつでもそれについて話した。
即ち、“まだ見ぬ人類(わたしたちの)の悲劇”について、彼と彼女はいつも楽しそうに話していた。
それは彼女の胎内で眠るときの彼が、ひっそりと今のわたしに教えてくれたことである。



























プロフィール 1981生 ゆざえ

ユザエ

管理人の別Blog
20170112162110
最新コメント
タグ絞り込み検索
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード
RSS
  • ライブドアブログ