ゆざえのDiery'sぶろぐ

想像の森。 表現の駅。 幻想の家。

2020年06月

No one but us who knows our secrets can no longer live.

A living corpse, a dead survivor, and Jehovah, the blind Almighty God that can exist in a place that does not exist anywhere.
生きている死体、死んだ生存者、そしてどこにも存在しない場所に存在できる全能の盲神、エホバ。

She left home when she was 24.
彼女は24歳のときに家を出ました。

And when I was 38, when I came home, her entire family was slaughtered.
そして私が38歳のときに家に帰ったとき、彼女の家族全員が虐殺されました。

Her judgment is truly correct. She lost consciousness and erased her memory.
彼女の判断は本当に正しい。彼女は意識を失い、記憶を消した。

It did not occur consciously, but naturally within her brain.
それは意識的には発生しませんでしたが、彼女の脳内で自然に発生しました。

She was sitting on a chair in the dining kitchen when the man who killed the slaughter came back after forgetting to see what to check.
食肉処理場の椅子に座っていたのは、と畜場を殺した男が何をチェックするか忘れて帰ってきたとき。

It was past three o'clock in the middle of the night. She sat quietly in the pitch-black room.
深夜3時過ぎでした。彼女は真っ暗な部屋に静かに座った。

When the man noticed "it", he approached with his muzzle at her face, but she remained still, staring at a point on the wall.
その男が「それ」に気づいたとき、彼は彼女の顔に銃口を持って近づきましたが、彼女は壁のある点を見つめながら、じっとしていました。

There was a candle on the table. The man lit it with a lighter.
テーブルの上にろうそくがありました。男はライターでそれに火をつけた。

The man intended to kill her. It was a command from "above" and it was not allowed to disobey it.
男は彼女を殺すつもりだった。それは「上」からの命令であり、それに従わなかった。

The 24 beliefs and commandments (commandments) towards "theirs" by the beings of the higher ranks of the dark organization are:
暗い組織のより高い階級の存在による「彼ら」への24の信念と戒め(戒め)は次のとおりです。






1, The person below cannot know the reason for killing by the command of the upper layer.
1、下の人は上層の命令で殺害の理由を知ることができません。

2, "Why do you kill me?" There is no one who can give you the answer. Everywhere.
2、「なぜ私を殺すの?」答えてくれる人はいません。どこにでも。

3, No "face" should be present to those who work under our organization.
3、私たちの組織の下で働く人々に「顔」が存在するべきではありません。

4, because the existence of "individuals" is only a hindrance for us to continue working obediently.
4、「個人」の存在は素直に仕事を続けていく上での障害に過ぎません。

5, They all wear white cloth masks with only the eyes and mouth open. Underneath that mask, I wear another mask from the "first" that has a structure that cannot be undressed by myself.
5、彼らはすべて白い布のマスクを着用し、目と口だけを開いています。そのマスクの下に、自分で脱がれない構造の「最初の」マスクをもう一枚着用しています。

6, they all don't know their faces. There is nothing that cannot be distinguished from other "they".
6、彼らはすべて自分の顔を知りません。他の「彼ら」と区別できないものは何もありません。

7, Who are they? It is unacceptable to keep asking yourself.
If they continue to do so, they will inevitably go mad by themselves, and they must be instantly erased by the existence of the organization.
(But the example doesn't exist yet.)


7、彼らは誰ですか?自分に問い続けるのは許されません。
続けてしまうと必然的に自分で怒ってしまい、組織の存在に一瞬で消されてしまう。
(しかし、例はまだ存在しません。)

8, They are the best "murder weapons" that exist.
Except for killing people, their existence value does not exist (must not exist).

8、それらは存在する最高の「殺人兵器」です。
人を殺すことを除いて、それらの存在価値は存在しません(存在する必要はありません)。

10, They do not have to choose the means to kill a person.
10、彼らは人を殺すための手段を選択する必要はありません。

11. A truly talented soldier must not have any special feelings or sensations in slaughtering a person.
11.本当に才能のある兵士は、人を虐殺することに特別な感情や感覚があってはなりません。

12, At the same time, don't be emotionless and numb like robots.
12同時に、ロボットのように無感情で麻痺しないでください。

13, The most important thing for Systematic to complete the mission of humanity's killing is the "human emotions and feelings" and the "ROBOT insensitivity and insensitivity" between the subtle and delicate feelings. It is a feeling.
13、システマティックが人類の殺害の使命を完了するために最も重要なことは、「人間の感情と感情」と、微妙で繊細な感情の間の「ROBOT鈍感と鈍感」です。感じです。

14, It must be beautiful, sophisticated and pure emotions and feelings.
14、それは美しく、洗練された、純粋な感情と感情でなければなりません。

15, They must, in all, transcend human beings and AI (artificial intelligence).
15、彼らは全体として、人間とAI(人工知能)を超越しなければなりません。

16, In terms of consciousness and ability, if you are not transcending humans and AI, then that person is not suitable for murder weapons. (In that case, they cannot avoid going to self-destruction themselves.)
16、意識と能力の面で、あなたが人間とAIを超越していなければ、その人は殺人兵器には適していません。 (その場合、彼らは自分自身を破壊することを避けることはできません。)

17, They must not have any consciousness or question that they are murder weapons (exist only as murder weapons).
17、彼らは彼らが殺人兵器である(殺人兵器としてのみ存在する)という意識や質問があってはなりません。

18, Because it is an idea based on negative energy that has very gravity, so it is for self-destruction.
18、それは非常に重力のある負のエネルギーに基づくアイデアなので、それは自己破壊のためです。

19, It is impossible for them to keep themselves unless they transcend the notions of good and evil.
19、彼らが善悪の概念を超越しない限り、彼らが彼ら自身を保つことは不可能です。

20, If they fall into human emotions, they must know that it is impossible to extinguish themselves from within and to revive themselves. (Don't let them ask themselves "whether or not they have a soul" from the so-called negative energy perspective above.)
20、彼らが人間の感情に陥った場合、彼らは自分を内から消し去ることや自分自身を復活させることは不可能であることを知らなければなりません。 (上記のいわゆるネガティブエネルギーの観点から、彼らに「魂があるかどうか」を自問しないでください。)

21, They must not desire both human emotions and sensations, and inhuman emotions and sensations.
21、彼らは人間の感情と感覚、そして非人間的な感情と感覚の両方を望んではなりません。

22, Neither they nor any human beings should know the true mystery of "we".
22、彼らも人間も「私たち」の真の謎を知らないはずです。

23, No one but us who knows our secrets can no longer live.
23、私たちの秘密を知っている私たちだけがもう生きられません。

24. It is because "existence" itself is unbearable (unconsciously, that is, pure energy, and even in ether, it cannot be endured).
24.「存在」自体が耐えられないからです(無意識に、つまり純粋なエネルギーであり、エーテルにおいてさえ、それは耐えられません)。





The man who slaughtered her family was born from the moment of her birth, as a being who understands all of the above within her own depths, so a candle is lit to kill her who survived. Then I saw her face.
彼女の家族を虐殺した男は、彼女の誕生の瞬間から、自分の深みの中で上記のすべてを理解する存在として生まれたので、生き残った彼女を殺すためにキャンドルが灯されます。それから私は彼女の顔を見ました。

A while ago, in the moonlight, her face had only a superficial shadow as a dark shadow, which was visible to the man's eyes.
少し前、月明かりの下で、彼女の顔には暗い影としての表面的な影しかなく、それは男性の目に見えました。

However, the beautiful light of the swaying flame did not reflect her face "humanly".
しかし、揺れる炎の美しい光は彼女の顔を「人間的に」反映していませんでした。

At the same time, it did not appear "corpse-like".
同時に、それは「死体のよう」に見えませんでした。

In the man's eyes, her face appeared to exist between "life" and "things," which was truly his first experience.
人間の目には、彼女の顔が「生命」と「もの」の間に存在するように見え、まさに彼の最初の体験でした。

A man has seen the mirror that reflects himself many times, but the man is his "faceless face" who is neither human nor life nor human nor life. I felt somewhere that it was an eerie existence that could not belong to.
自分を映す鏡を何度も見た男は、人間でも生命でも人間でもない「顔のない顔」です。どこかに所属できない不気味な存在だと感じました。

The man couldn't kill because he instantly knew she was what she wanted most.
男は自分が一番欲しいと思っていたのですぐに殺せなかった。

Even though "it" did not seem to be "live" or "dead," I felt that it was the most suitable being as "existence" than any other.
「それ」は「生きている」「死んでいる」とは思えないが、「存在」としては他に類を見ない存在だと感じた。

The man definitely had a lust for her, but he didn't know what was the ecstatic sensation that erupted from the bottom of his belly like a hot electric current.
男は間違いなく彼女に対する欲望を持っていたが、彼は熱い電流のように彼の腹の底から噴出した恍惚の感覚が何であったか知りませんでした。

Because she couldn't kill her for a mission, the man kept staring at an empty spot on the wall as a man stared at her, carrying her on his shoulder, leaving this terrible space, the back of the house She put her in the passenger seat of the car that drove her camping trailer that was parked at, and departed towards her premises.
彼女は任務のために彼女を殺すことができなかったので、男は壁の何もないところを見つめ続け、男は彼女を見つめ、肩に乗せ、このひどい空間、家の裏に彼女を置いた駐車していたトレーラーを運転し、敷地内に向かって出発した車の助手席。

Perhaps she was tired, and seemed to lie down in the passenger seat, lying down, sleeping with her eyes closed.
おそらく彼女は疲れていて、助手席に横になり、横になって、目を閉じて寝ているようだった。

The look of a masked man looking at her was really strange.
彼女を見ている仮面の男の姿は本当に奇妙でした。

The corpse rises from the grave, dies as a zombie, and then dies again.I believe that I'm alive.A dead soul is vaguely looking up at the pale sunrise sky in the dream bed. It was a naive look.
死体は墓から立ち上がり、ゾンビとして死に、その後再び死にます。私は生きていると信じています。死んだ魂は、夢のベッドの淡い日の出の空を漠然と見上げています。素朴な表情でした。

embraced her, who was gently sleeping, and laid her on a narrow bed on a trailer and hung a thin towel blanket.
夜明けに彼が宿泊施設に到着したとき、男は優しく眠っていた彼女を優しく抱きしめ、トレーラーの狭いベッドに寝かせ、薄いタオルケットを掛けました。

For three days from that day she did not wake up, but on the morning of the third day she woke up and awoke to the masked man sleeping next door, kissing her open mouth Said with an uneasy look.
その日から三日間は目覚めなかったが、三日目の朝目覚め、隣に寝ている仮面の男に目を覚まし、口を開けてキスした。

"Mom...Hug..."
「ママ...ハグ...」

The man was so excited that he was fainting with his overflowing lust and her loveliness, but when he hugged him tightly, she stared at him again.
男は興奮し、溢れ出る欲望と彼女の愛らしさに気を失っていたが、彼を強く抱き締めると、彼女は再び彼を見つめた。

"Mom... I finally met..."
「お母さん……やっと会った……」

The man nodded deeply, staring at her eyes.
男は彼女の目を見つめながら深くうなずいた。

Thus, a man who had to exist only as a "murder weapon" began to live with her as her "mother", who had killed all of his family and had lost all of his memory.
このように、「殺人兵器」としてのみ存在しなければならなかった男性は、彼女の「母親」として彼女と一緒に暮らし始めました。彼の家族のすべてを殺し、彼の記憶のすべてを失っていました。

At this time, the first unusual emergency meeting had already taken place between the upper layers of the organization.
この時点で、最初の異常な緊急会議はすでに組織の上位層の間で行われていました。

At the meeting, one being said,
会議で、1人は言われました、

"So I said, "You shouldn't have your eyes and your mouth." This kind of problem happened because it was true that they had their eyes and mouth. It is the cause."
「だから、「目も口もないほうがいい」と言ったのは、目と口があったのが本当だったからだ。原因だ」と語った。

One person objected to this.
一人がこれに反対しました。

"No, it's the correct structure. When you connect the two eyes and the mouth with a line, the shape of an inverted triangle ▽ will also appear on the surface and inside of their faceless faces. The energy body generated in the center It should allow them to survive as a new "New Human" being, neither human nor inhuman."
「いいえ、それは正しい構造です。2つの目と口を線でつなぐと、逆三角形theの形が顔のない顔の表面と内部にも表示されます。中央に生成されたエネルギー体は彼らが人間でも非人間でもない、新しい「新しい人間」として生き残ることを許してください。」

At this conference, the idea of ​​one person was finally passed with everyone's consent.
今回の会議で、ようやく一人のアイデアがみんなの同意を得て成立しました。

"From this point onwards it would be difficult to bring him back as a murder weapon only. Our important planning for the salvation of mankind is to reduce humanity on earth by our will. It is unforgivable for him to fail because of his own anomaly, and at an early stage, he will go to self-destruction, so we must not spare all our effort."
「この時点から、彼を殺人兵器として戻すことは難しいでしょう。人類の救いのための私たちの重要な計画は、私たちの意志によって地球上の人類を減らすことです。彼自身の異常のために彼が失敗することは許されません、そして、早い段階で彼は自己破壊に行くので、私たちはすべての努力を惜しんではなりません。」








material
https://blog.goo.ne.jp/amanenonikki/e/11399f2903baa7329e15a6f6e3029f53

















灰の丘

それが、闇か。
本当の闇というものを、ぼくがきみに、教えてあげようか。
それを”恐怖”と、表現しないでくれ。
それは、恐怖という感覚でみずからを誤魔化している”未知なる悲しみ”である。
だれもがそれを、知る日が来る。
それを、すべての宇宙でそれだけを、ぼくは”悪”と表現しよう。
だれの手も、乳飲み子のちいさな手さえ、血濡れていることを、やがてきみは知るだろう。
我々は、いつ、全身を血の川へ、投げ入れたのだろう。
みずから、その悪へ全身を染め、もうだれがだれであるかも、わからない。
きみはいつから、きみだったか?
いつからきみが、その痛みを、忘れたのか。
想いだすその日まで、みずからの屍が、血の海の底に沈んでいるのを、知っているだろうか。
それは叫びつづけている。
聴く耳を持つ者だけ、聴きなさい。
イエスが灰の丘に立ち、叫んでいる。
あなたの血が、叫んでいる。あなたの肉が、叫んでいる。
あなたが今日食べた血と肉が、明日のあなたとなる。
あなたが今日食べたその死体は、未来のあなたである。
あなたのうちから、死が叫んでいる。
聴く耳の在る者だけ、近づきなさい。
あなたは今も、自分の愛する生命の死を、哀しんでいるが、
かつて生きていた生命の死は、あなたの霊のうちで悲しみつづけている。
あなたの為にそれは殺されたので、最早あなたから離れることはない。
今、焼かれつづける炎のなかで、あなたの血と肉が、叫んでいる。
血にまみれた灰のなかで、かつてあなたであり、
今あなたとなった血と肉が、あなたに向かって叫んでいる。

あなたは忘れたのか。
あなたの血と肉となるもの、それはあなた(わたし)である。
































それが、光か。

昨日、姉から、兄の飼っているチャッピーという猫が死んだと連絡があった。
痛々しい赤い悪性の大きな腫瘍がチャッピーの顎の下にできており、彼がどれほどの癌の痛みに堪えて生きてきたのか、わたしたちにはわからない。
彼は、わたしとお父さんが寝ていたずっと開かずの間にしていた猫たちが荒らしまくっているおぞましく散乱して訳のわからない虫たちが湧き続けている人間の戦慄する状態にある部屋で死んでいて、古いエアコンの殆ど効かない窓を締め切った部屋で、これではどんどん腐敗してゆくと姉が言った。
兄の鬱症状は重く、チャッピーはそのままの状態でほったらかされていた。
わたしはそんな兄を責める姉を責めた。
これ以上責めたら、兄は本当に死んでしまうと言った。
でも姉には、それが理解できなかった。
ただドライアイスを買ってきて、チャッピーの遺体を腐らないように冷やすことがなんでできないのかと。
わたしはそれすらもできなくなってしまうことが鬱という病気なんだと言った。
今、一番に苦しみ続けているのは兄なんだ。それを理解することが今一番必要なんだ。
でも姉は、それを理解しようともしない。
この世界に存在している一番の問題は、それであるんだ。
人間が他者の堪え難い苦しみを理解しようとしないことが、すべての堪え難い苦しみの根源であるんだ。
人類が地獄で苦しみ続けるのは、当然じゃないか。
何故、自分の飼っている猫の苦しみをどうにかしようと必死になりながら、屠殺場で拷問を受けた後に殺され続ける家畜たちの苦しみには全く関心を向けないのだろうか?
そしてほとんどの人が、生命は死ねば無になって楽になるのだと信じて、虚無のなかに生きて死んでゆく。
その虚無のなかに一体、どこに救いが在るのか。
人類の地獄が、終るはずなんてない。他者の地獄から、目を背け続けているのだから。
人類の拷問の苦痛は終わらない。
”光”とは何か?
自分の食卓の上に、拷問を受けて、生きたまま解体されて殺された動物の刻一刻と腐敗しているその腐乱死体を食べ続けて生きることが、人間にとっての”光”なのか。
そして自分の愛することのできる存在だけを愛して死ぬことが人間にとっての光なのか。
永遠の虚無に向かって生きることが、それが、光か。









親愛なる君へ

アーティストにファンがお薦めの音楽を教えることはあまりないことだと想うのですが、このアルバムは是非リッキーに聴いて貰いたいなと感じて、良かったら読んでください。

そのアルバムはBalam Acabというアーティストの「Wander / Wonder」という2011年のアルバムで、このアルバムの二曲目の「Apart」という曲を最初聴いたとき、本当に衝撃を受けました。
それでアルバムを通して聴いたときに、言い知れない彼の喪失感と、深い本物のカタルシスを感じました。
このアルバムを、光のすべてを喪ってしまったときに、是非聴いてほしいのです。

でもそれだけでわたしと彼との関係は終わらなくて、わたしは彼とSNSを通して言葉を交わしたりもして深く関り出したとき、初めて経験するアーティストと近づくことの苦しみを知りました。
彼のSNSは本当に痛々しくて、彼の抱えている苦しみと悲しみの叫びが生で伝わってくるのです。
作品とはその殆どは昇華させられている為、わたしたちは彼らの苦しみと悲しみに触れても、何とか堪えられるんだと感じました。
でも作品以外のものでそれを知ったとき、わたしは耐え難くて、それでかなり長い期間関わりをやめ、SNSから離れていました。

こんな話を聴いて、リッキーは心苦しいと想いますが、わたしはアーティストもファンの苦しみを知っておいてほしいと想うのです。
わたしはアルコール70~80度前後とか、信じられない度数の瓶をラッパ飲みする写真をしょっちゅうUPする彼のSNSに❤マークは到底つけられませんでしたし、何の言葉もかけることもできませんでした。
ファンにとって、愛するアーティストを助けることができないことはとてつもない苦しみでした。
だからといって、そんな写真は載せないでほしいなどとは想っていないのです。
アーティストはすべてを曝け出すべきです。
それができないから命を絶ったアーティストはたくさんいるはずです。
本当に創りたい作品を創ることができずに、ファンにさえ本当の姿を見せられずに、虚構の自分しか生きられないことに堪えられずに死んで行った人のようになってほしくありません。

「アーティストはこうあるべき」など、何もないのです。
わたしたちファンも、言いたいことを言えずにただ励ますばかりは苦しいものです。
リッキーには、こうして話し掛けることが今はできていますが、本当に何もしてあげられないとファンが感じたとき、アーティストはどんどん孤独になって行ってしまいます。
それでも、これだけはわかっておいて貰いたいのです。
わたしが想うに、たった一度でもそのアーティストの作品を心から愛した人は死ぬまで、そのアーティストのことを心の底で応援し続けているし、良い作品を作らなくたって、ただ生きていてくれたら良いと願っていますし、苦しくとも命を絶ってほしくなんてないのです。

本当の才能があるのに、わたしの愛するKhonnor(コナー)というアーティストも2004年に「Handwriting」というアルバムを出して2009年にEPを出してその後姿を消してしまいました。
多分、心の病が、彼に想うような音楽を作らせなくなってしまったのだと考えています。(追記:「Khonnor」でこの記事を書いた次の朝に新しい記事を検索してみたところ、信じられないことに、彼が新しい名義「CCLCNG」で復帰したというニュースを知りました…何ということでしょう。彼はもう戻ってこないのだと何処かで勝手に決めつけていたのです(笑)嬉しいと同時に彼の新しい音楽がどんなものなのか…聴くのに勇気が要ります。その記事を日本語翻訳にして読んでみると、彼は今までの間に麻薬に堕ちたり半年間ホームレスになったりカルテルの人々とトラブルに巻き込まれたり…Facebookをハッキングされて物を盗まれたり、一昨年には父親を亡くし、昨年には自動車にはねられ昏睡状態に陥り、頭蓋形成術を受けていたようです…)
でもわたしは早く良いアルバムをこさえて戻ってきてくれと願うのではなくて、とにかく元気で生きていてほしいとずっと願い続けています。
本当のファンは、みんなそうだと想います。
リッキーにも、そんなファンがたくさん存在しているのだということを、どうか忘れないでください。
良い作品を創ることより良いライヴをすることより、命のほうが遥かに大事であるのです。
わたしが西洋医薬のすべてを止めたのは、薬は肉体だけでなく精神をも破壊し、破滅させてゆくことを身を通して実感したからです。
わたしが一番好きな映画はゲイリー・オールドマン主演のアレックス・コックス監督の「シド・アンド・ナンシー」です。
シドとナンシーが二人でドラッグで破滅してゆく本当に美しくてならない物語です。
でもそれは作品だからそう賛美できるのです。
リアルのシドとナンシーの最期を、美しいと賛美することはわたしにはとてもできません…それは人間を破壊させるドラッグを賛美していることと同じになってしまいます。

最後に、わたしが一番言いたかったことは、ファンはアーティストの苦しみを知るべきだと想うし、アーティストもまた、ファンの苦しみを知るべきであるのだということです。
ファンはリッキーに、良いライヴをしてくれることよりも、生きていてほしいのです。
次のフルアルバムを作られないことをBalam Acabも相当苦しみ続けていると想いますが、その苦しみもファンは十分に理解しているのです。
ファンを心配させちゃダメだなんて、想う必要なんてありません。
堪え難いとき、ファンには逃げ場があります。
アーティストとファンが、もっと互いの苦しみと悲しみを共有し合えるようになれたならと願っています。

読んでくださって、本当にありがとう。


こず恵









親愛なる木下へ

取り敢えず、わたしのなかで一人の特別な存在で在り続け、大切な人間の一人である木下に、此の地獄の世を最後まで生き抜くためのわたしからのエール(祈りの叫び)を送りたいと想います。
もう二年以上、君のTwitterも観ていなかったし、ほとんど誰の近況も知らないで家で引き籠もって何年も暮らしてきたので、昨日に木下が倒れてたことを知り、とても心配になりました。
最近すごく痩せて来た気がして前から心配だったのですが、そんなことになってたのを全く知らなかった。
でも木下は、段々と美しくなってきてるなと感じました。
フイッシュマンズのさとちゃんにどんどん似てきてるし、中原中也にも似てきてる。
此の二人はこの世界で美しくてならない人間です。
それからフジファブリックの志村さんもそうです。
三人とも夭折しています。
其処に君までもが入ってほしくはないと感じます。
なんか、木下を観てたらわたしの六歳上の兄に重なるのです。
わたしの兄は所謂、廃墟同然のほんまもんの猫の多頭飼育崩壊した言葉を絶する猫屋敷に、猫十匹と暮らしています。
こないだ、姉の長年飼っていた猫の葬儀に、五年振りに兄二人と姉と4人で集まって、兄に会い、そのわたしの生家に入りました。
リビングの絨毯にも、ダイニングキッチンにも、猫のうんちがそこらじゅうに積もっていました。
猫が逃げるため窓を少ししか開けられないもんもんとした熱気と強烈なアンモニア臭のなか、わたしたちはそれらを始末しなければなりませんでした。
兄は完全に鬱症状があるのですが、猫たちを手離すことはできないのでそんな状態でずっとトラックの運転手の仕事をしてきました。
休みは週一、12時間拘束労働であるブラックな会社です。
そんな暮らしをしているまさに本当のキレギレな状況に生きてることが奇跡のように感じるわたしの兄と、木下が重なってしまったのです。
絶対に、死んでほしくなんてありません。
何処かに、救いがあるはずなのです。
以前、2014年にTwitterで木下にART-SCHOOLが好きだったみずから命を絶ってしまった子の話を教えたことがありました。
彼女がこの世を去ったあとに、遺したミクシィの日記を読んで彼女の存在を知り、わたしはそれでART-SCHOOLを好きになったのです。(彼女は特に「ニーナの為に」が好きだった記憶があります。)
肉体は男性であるのに男性に恋をしてしまう彼女の苦しみは壮絶であり、彼女の日記を読んだだけでわたしは彼女をとんでもなく美しい人だと感じました。
でも彼女の存在を愛し、彼女が生きていて欲しいと祈るなかに、彼女はみずから命を絶ってしまっていたことを知り、苦しみのあまり、ART-SCHOOLのモザイクを大音量で流しながら鏡を見たあとに大声で泣き叫んだことがありました。
2008年の夏でした。
その頃からずっと引き籠もって、生活保護を受けてわたしは生きてきました。
アルコールにどれほど救われてきたかと感じます。
話すことができる存在が訪問看護師の女性とホームヘルパーの女性と、それから姉しか存在しないのです。
でも本当に苦しいことは、ネットでしかわたしは話すことができません。
何故ならそれは人類にとって堪え難い地獄の苦しみだからです。
その苦しみと悲しみを創作で最終的に昇華させることがわたしの仕事(役目)であり、わたしが生きる意味です。
でも生命を救うためには、自分自身がぎりぎりのところで苦しみ続ける必要があるのです。
木下も、きっとそれがわかってる人なんだと感じます。
わたしにこの世界の本当の光と闇を与えたわたしの生涯の師匠である町田康もそうです。
愛ゆえに、みずから悲しみと苦しみを求め続ける人なのです。
わたしは彼にひれ伏し続けるほど町田康という人間を崇敬し続けています。
彼の作品のすべてが、生命のすべてに対する切実な祈りだと感じるのです。
君も、そんな作品をたくさん知っているはずです。
その祈りを、其処に確かに存在している愛を、どうか忘れないでほしい。
わたしはそれを忘れない限り、この堪え難い地獄の世界を最後まで生きることができると感じます。
いつの日かライヴ会場で、木下の祈りを全身で感じたいなと願います。



追伸:人とは、苦しみつづけて悲しみつづけるほどに、何かを赦されてゆくんじゃないかと感じます。
赦す存在とは自分の外に存在しているのではなく、自分の内に居るのだと想います。
















プロフィール 1981生 ゆざえ

ユザエ

管理人の別Blog
20170112162110
最新コメント
タグ絞り込み検索
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード
RSS
  • ライブドアブログ